サード・プレイス

ささきあり・作 酒井以・絵 装丁・城所潤(ジュン・キドコロ・デザイン)

フレーベル館 2020年9月11日初版 1400円+税

中高生が利用できる施設、サプリ・ガーデン。

友だちに自分の趣味を言えない瑞希、自分だけはずれていると感じるダイ、変化にとまどうぴよっち、同級生の成績に追いつけない亮。

サプリ・ガーデンで紡がれる4つの連作短編です。

この物語はフィクションですが、私が勤める施設をモデルにしています。

『天地ダイアリー』を書いたあと、今の中学生をもっと知りたいと思うようになり、中高生の施設で働きはじめました。

これまで私は、読者の子どもたちに本の中で気持ちを解放してもらいたいと思ってきました。

現実が思うようにいかなくても、本を読むとわくわくしたり、ほっとしたり、自分もこうなりたい!と思ったり……。

つまり、本の中にサード・プレイスをつくろうとしていたんです。

実際に中高生の施設で働くようになって、現実にサード・プレイスがあるんだとわかり、こんな場所があることを広く伝えたいと思うようになりました。

混沌とした気持ちを抱えがちな10代には、気持ちを受けとめてもらい、いろいろなきっかけがもらえる場所が必要です。

サード・プレイスがもっと多くの地域にできるよう願っています。