天地ダイアリー

中1の木下広葉は、マスクが手放せない。人と接するのが苦手で、目立つことを避けようとしてきた。ところが、入った栽培委員会には個性的なメンバーがいて……。広葉の栽培にかける青春物語です。 作・ささきあり 挿画・高杉千明 装丁…

Q部あるいはCUBEの始動

凪学園中等部のミステリー研究部、あらためQ部のメンバーが、日常に起こる謎を解く。「謎解き」と「どんでん返し」の短編で構成されたストーリー。全20話。 作・ささきかつお イラスト・吉田ヨシツギ  PHP研究所 2018年初…

新着情報

森永乳業『世界にひとつだけの お名前入り絵本』プレゼント! 2020年5月11日 『世界にひとつだけの お名前入り絵本』プレゼントキャンペーン 始まりました。 6冊のうち2冊の絵本を書かせていただきました。 『どうぶつた…

空き店舗(幽霊つき)あります

築50年のオンボロビル「スカイカーサ武蔵小金井」には、人なつこい幽霊の少女アリサがいる。1階の若き古本屋店主・達也をはじめ、逝ってしまった大事な人への後悔を抱える店子たちは、アリサの「つなぎ」でその人たちと涙の邂逅を果た…

クララ・シューマン

『やさしく読めるビジュアル伝記 クララ・シューマン』 世界初の女性プロピアニストとして、作曲家ロベルト・シューマンの妻として、8人の子どもの母として、奔走しつづけたクララ。苦しいときも、悲しいときも、ピアノを弾くことで前…

モツ焼きウォーズ 立花屋の逆襲

小学生4年生のタケルは、再開発のため商店街から立ち退きをせまられている「モツ焼き屋 立花屋」の4代目。様々な嫌がらせがあるなか、タケルは親戚のババ様から、立花屋は忍びの血を継ぐ一族だという、驚きの真実を告げられる。立ち退…

ぼくらがつくった学校

大槌の子どもたちが夢見た復興のシンボル 東日本大震災で、岩手県大槌町は甚大な被害を受け、小中学校5校が使えなくなる。大変な混乱のなかでも子どもたちを支えようと、先生方は奔走し、学校を再開する。震災から1年後、佐々木陽音く…