新着情報

シリーズ最新刊『感動のどうぶつ物語 虹の橋』(西東社)が出ます! ささきありは、短編小説「めざせ、どうぶつ天国!」「プラスチックゴミのゆくえ」「ハコ、聞こえてる?」の3話と、マンガシナリオ「愛しているからこそ……」の1話…

カレンダー/かつおの日記

2020年1月6日 新しいカレンダーの絵ヂカラが強いので、 鳥の名前を書き込んでみることにしたんだけど、 ぬじる。 今年は、こういうコトをやっていきます。 かつおのブログは、こちら

不義理/ありの日記

2019年12月15日 今年は本業の文筆業のほかに、非常勤の仕事に挑戦。ボランティア活動では委員長という名のつく役職を2つ、平の委員を1つ、やらせていただきました。 いずれもやった分だけ刺激をもらえ、心の泉に栄養を蓄えら…

「キンダーブック2」4月号

「キンダーブック2」2020年度4月号(フレーベル館)にて、おはなしを書かせていただきました。 「ひみつの クレヨン」作・ささきあり 絵・山田花菜 魔女のルーンが落とし物を探していると、さけび声が聞こえてきました。 声が…

b-labブログ連載/ありの日記

2019年11月6日 わたしは週に2日ほど、中高生向けの施設b-labで働いています。 児童書を書くにあたって「いま」の子どもたちを知り、直接関わりたいという思いがあるからです。 振り返ってみると、わたしは小学校高学年〜…

銀座のギャラリー巡り/ありの日記

2019年10月30日 知り合いの画家さんの展覧会を見るため、銀座へ行ってきました。 まずは、白濱雅也さんが出展されている、 「辿り着くことのない庭に橋を架ける」展(2019/10月22日〜11月3日)へ。 展示会場の「…

天地ダイアリー

中1の木下広葉は、マスクが手放せない。人と接するのが苦手で、目立つことを避けようとしてきた。ところが、入った栽培委員会には個性的なメンバーがいて……。広葉の栽培にかける青春物語です。 作・ささきあり 挿画・高杉千明 装丁…

Q部あるいはCUBEの始動

凪学園中等部のミステリー研究部、あらためQ部のメンバーが、日常に起こる謎を解く。「謎解き」と「どんでん返し」の短編で構成されたストーリー。全20話。 作・ささきかつお イラスト・吉田ヨシツギ  PHP研究所 2018年初…